日本陸軍の対ソ謀略

田嶋信雄 著

日独関係深化の契機となった日独防共協定はいかに締結されたか。諜報・謀略活動、航空路整備、対イスラーム政策など陸軍の対ソ工作から再考。内実に不明な点が多い防共協定の全体像を解明し、両国の戦略的関係に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日独防共協定を捉える視点
  • 第1章 日露戦争前後の「独禍東漸」と「日禍西漸」
  • 第2章 第一次世界大戦期の「独禍東漸」と「日禍西漸」
  • 第3章 関東軍の「西進」政策と内蒙高度自治運動
  • 第4章 ルフトハンザ航空・欧亜航空公司と満洲航空株式会社
  • 第5章 「華北分離工作」と「防共外交」
  • 第6章 日独「満」航空協定および日独謀略協定の成立
  • 第7章 アフガニスタンの政治焦点化
  • 第8章 日中戦争の勃発とユーラシア諜報・謀略協力の挫折
  • 終章 ユーラシア諜報・謀略協力体制の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本陸軍の対ソ謀略
著作者等 田嶋 信雄
書名ヨミ ニホン リクグン ノ タイソ ボウリャク : ニチドク ボウキョウ キョウテイ ト ユーラシア セイサク
書名別名 日独防共協定とユーラシア政策
シリーズ名 日独防共協定
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2017.3
ページ数 201,3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-08315-7
NCID BB23208125
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22858014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想