絵でわかる地震の科学

井出哲 著

日本列島周辺では、1年に10万回以上、つまり5分に1回以上地震が起きています。もちろん、この数には大小さまざまな規模の地震が含まれます。では、「マグニチュード7以上」とか「8以上」の大きな地震はどの程度の頻度で起きるのでしょうか?また、それらの発生を予測することはできるのでしょうか?本書は、地震のメカニズムや法則を探る最先端の科学を解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地震はどこまでわかっているのか?
  • 第2章 地震とは何か?
  • 第3章 地震を"視る"技術
  • 第4章 地震の原動力
  • 第5章 震源では何が起きているのか?
  • 第6章 地震の大きさと速さ
  • 第7章 地震活動と複雑系
  • 第8章 地震と震災
  • 第9章 将来の地震についてわかること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵でわかる地震の科学
著作者等 井出 哲
講談社サイエンティフィク
書名ヨミ エ デ ワカル ジシン ノ カガク
書名別名 An Illustrated Guide to Science of Earthquakes
シリーズ名 絵でわかるシリーズ
出版元 講談社
刊行年月 2017.2
ページ数 183p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-06-154781-0
NCID BB23204372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22864893
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想