交通事故過失割合の研究

藤村和夫 編

[目次]

  • 序章 交通事故過失割合の研究 序論
  • 第1章 交通事故過失割合研究の目的と意義
  • 第2章 過失相殺の歴史的意義
  • 第3章 過失相殺と過失割合をめぐる理論と課題
  • 第4章 日本における過失相殺実務処理の現状
  • 第5章 工学的発想の必要性-過失との関わりをどのように意識しうるか
  • 第6章 過失割合基準と交通事故の予防
  • 第7章 過失割合と保険実務における機能
  • 第8章 過失割合の判断要素-新たな構想の可能性
  • 座談会/交通事故過失割合の学際的研究を目指して-工学・法学・保険実務の立場から
  • 資料/交通事故過失割合研究会定例会議各回要約

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 交通事故過失割合の研究
著作者等 藤村 和夫
書名ヨミ コウツウ ジコ カシツ ワリアイ ノ ケンキュウ
出版元 日本評論社
刊行年月 2017.2
ページ数 361p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-51741-7
NCID BB23193571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22884752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想