先入観はウソをつく

武田邦彦 著

心要でもあり妨げにもなる先入観!「あの人はいい人そうだから安心」「専門家がそう言っているから間違いない」「住んでいるところは、ハザードマップで災害に遭う確率が低いから大丈夫」…。これらはすべて「○○だろう」「○○である」という先入観から捉えられているもの。経験や知識がある人ほど、固定観念や決めつけ、願望などが邪魔をし、ときに批判を間違え、大きな失敗をすることになる。本書は先入観の正しい「外し方」について、豊富な事例とともに警鐘をこめて解説。マツコ・デラックスとの対談収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 根拠なき先入観に騙される現代人
  • 第1章 必要でもあり妨げにもなる「先入観」の正体
  • 第2章 世界と異なるニッポンの常識・非常識
  • 第3章 日本人が陥りやすい科学の間違った先入観
  • 第4章 マスコミや専門家の言うことに疑う癖をもつ
  • 第5章 欧米型思考が歪めた男女間の先入観
  • エピローグ 先入観を外すと柔軟な発想が生まれやすい
  • 巻末対談 武田邦彦×マツコ・デラックス(コラムニスト) 「世の中にはびこる先入観とは何か」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 先入観はウソをつく
著作者等 武田 邦彦
書名ヨミ センニュウカン ワ ウソ オ ツク : ジョウシキ ヤ テイセツ オ ウタガイ ジュウナン ナ ハッソウ オ ウム ホウホウ
書名別名 常識や定説を疑い柔軟な発想を生む方法
シリーズ名 SB新書 383
出版元 SBクリエイティブ
刊行年月 2017.2
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-8918-0
NCID BB23125527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22853136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想