二つの政権交代

竹中治堅 編

二〇〇九年に民主党に政権が交代し、二〇一二年に自民党に政権が戻った。この二つの政権交代は政策の内容やその決定過程に、どんな影響を及ぼしたのか?農業、電力・エネルギー、コーポレート・ガバナンス、社会福祉、税制、外交、防衛、法制執務の八つの政策を精査すると、安倍政権と民主党政権の知られざる継続性と、政策決定過程の「集権化」が浮かび上がる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 政権交代は何を変えたのか
  • 第1章 農業政策-政権交代がもたらす非連続的な米政策
  • 第2章 電力システム改革-電力自由化をめぐる政治過程
  • 第3章 コーポレート・ガバナンス改革-会社法改正とコーポレート・ガバナンス・コードの導入
  • 第4章 子育て支援政策
  • 第5章 消費税増税-社会保障との一体改革
  • 第6章 対外政策-安全保障重視のアジア外交へ
  • 第7章 防衛大綱改定
  • 第8章 憲法解釈の変更-法制執務の転換
  • 結章 安倍政権と民主党政権の継続性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二つの政権交代
著作者等 上川 龍之進
佐橋 亮
木寺 元
濱本 真輔
牧原 出
砂原 庸介
竹中 治堅
細谷 雄一
書名ヨミ フタツ ノ セイケン コウタイ : セイサク ワ カワッタ ノカ
書名別名 政策は変わったのか

Futatsu no seiken kotai
出版元 勁草書房
刊行年月 2017.2
ページ数 292,2p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-35170-1
NCID BB23122347
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22855330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想