届くCM、届かないCM

横山隆治, 大橋聡史, 川越智勇 著

これまで、テレビCMは視聴率を到達(リーチ)の拠りどころにしてきた。しかし、CM中はテレビから目を離すことも多いため、「視聴率=閲覧量」にはならず、本当の効果測定は難しかった。ついに登場した、視聴者のリアルをとらえる技術によって「届くCM」と「届かないCM」の真実が明らかになる。本書では、視聴者の視線や脳波を測定することでわかった事実をもとに、何が効くのか(効かないのか)を明確に提示する。広告としてCMはどうあるべきか。実際のクリエイティブで何をすればよいか。デジタルとどう組み合わせていくべきか。変わりゆくマス+デジタルマーケティングを現実的に考え、「これから」を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 テレビ広告の新たな可能性(注目総量"グロス・アテンション・ポイント"-メディアプランとクリエイティブ力を統合した初めての指標
  • テレビCMの効果をリアルタイムに捕捉する-テレビとデジタルを同じ土俵に上げると何ができるか)
  • 2 注目量でわかるCM効果(はっきり見えた性別と世代の壁-視聴スタイルを分ける「能力」と「感性」
  • 脳の注目スイッチを押せ-脳の働きをコントロールできるか?
  • アテンションを獲得するテレビ広告のカタチ-一五秒の勝負に勝つ方法
  • インタビュー コミュニケーションのエキスパート集団に訊くクリエイティブ・マネジメントにおけるデータの可能性)
  • 3 注目量を集めるクリエイティブ(科学的クリエイターの時代-データなくしてクリエイティブはない
  • 実例から読み解くCMアテンション-演出やタレントと注目の関係
  • 男CMと女CM(だんしーえむとじょしーえむ)-男女脳の違いに着目したCM制作へ
  • CMのゴールデンルールを考える-アテンションを獲得するための新常識
  • 視聴質データが変える広告キャンペーン・マネジメント-デジタルの機動力がテレビで実現する
  • 視聴質と実務のこれから)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 届くCM、届かないCM
著作者等 大橋 聡史
川越 智勇
横山 隆治
書名ヨミ トドク シーエム トドカナイ シーエム : シチョウリツ イコール ジーアールピー ニ タヨルナ チュウモクリョウ イコール ジーエーピー オ ネラエ
書名別名 視聴率=GRPに頼るな、注目量=GAPをねらえ

Todoku shiemu todokanai shiemu
出版元 翔泳社
刊行年月 2017.1
ページ数 325p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7981-4999-8
NCID BB23120986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22845232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想