北原白秋

今野真二 著

「待ちぼうけ」「この道」などの童謡、『桐の花』『雲母集』に代表される短歌、象徴詩の粋たる『邪宗門』から円熟期の『水墨集』まで、様々なジャンルで名作を残し、その名を知らぬ人のない近代文学の巨匠、北原白秋。一面のみ取り上げられることの多かった作家の全貌を辿り、他に類のない広大な言語宇宙の秘密に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 油屋のTONKA JOHN
  • 第2章 『邪宗門』前夜
  • 第3章 『邪宗門』-言葉のサラド
  • 第4章 『桐の花』のころ-君かへす朝の舗石さくさくと
  • 第5章 光を求めて-三浦三崎、小笠原への巡礼行
  • 第6章 葛飾での生活
  • 第7章 童謡の世界-雨が降ります。雨が降る。
  • 第8章 言葉の魔術師-詩集『海豹と雲』と歌集『白南風』
  • 第9章 少国民詩集-この道を僕は行くのだ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北原白秋
著作者等 今野 真二
書名ヨミ キタハラ ハクシュウ : コトバ ノ マジュツシ
書名別名 言葉の魔術師

Kitahara hakushu
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1649
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.2
ページ数 272,2p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431649-7
NCID BB23120217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22864455
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想