湯女図

佐藤康宏 著

湯女-風呂屋に召し抱えられ、客の垢をかき、戯れながら世間話をし、ときには売春も行なった女たち。吉原の遊女の地位を一時は脅かすほどに、江戸の町を賑わせた彼女らを描いた一枚の絵がある。作者不明、来歴未詳のその絵にはどんな謎が秘められているのか?いまは失われた、視線の先に描かれていたものとはいったい何か?誰が、なぜこんな絵を描いたのか?浮世絵が花開き、女の絵姿が男たちの欲望を満たすようになる直前に描かれた、謎めいた絵画を分析し、復原し、甦らせる。約60点の図版を駆使し、従来の解釈を覆す画期的な視点を提示した快著。待望の文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 彼女らはどこから来たか。彼女らは何者か。彼女らはどこへ行くのか。
  • 1 湯女図が湯女図であること
  • 2 分析と復原
  • 3 どんな画家が描いたのか
  • 4 歴史の中の湯女たち
  • 5 歩み去る者、見返す者
  • 湯女風呂関係史料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 湯女図
著作者等 佐藤 康宏
書名ヨミ ユナズ : シセン ノ ドラマ
書名別名 視線のドラマ

Yunazu
シリーズ名 ちくま学芸文庫 サ37-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.2
ページ数 199p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09767-5
NCID BB23108798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22866987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想