〈物語と日本人の心〉コレクション  5

河合隼雄 著 ; 河合俊雄 編

昔話の中には、時を経ても変わらない人間の心性の深層が映し出されている。昔話に出てくる殺害、自殺、変身、異類との婚姻、夢などは何を意味しているのか。西洋と日本の物語パターンの違いとは何だろうか。河合隼雄がユング心理学の手法で、グリム童話から日本昔話まで古今東西の伝説や昔話を読み解き、現代人の心の課題を浮き彫りにする。単行本未収録の村上春樹『海辺のカフカ』論も収載した、現代文庫オリジナル版論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 グリムの昔話における「殺害」について
  • 2 片側人間の悲劇-昔話にみる現代人の課題
  • 3 日本人の美意識-日本の昔話から
  • 4 日本昔話の中の他界
  • 5 『風土記』と昔話
  • 6 日本昔話の心理学的解明-「蛇婿入り」と「蛇女房」を中心に
  • 7 猫、その深層世界-昔話のなかの猫
  • 8 昔話の残酷性について
  • 9 夢と昔話
  • 10 境界体験を物語る-村上春樹『海辺のカフカ』を読む

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈物語と日本人の心〉コレクション
著作者等 河合 俊雄
河合 隼雄
書名ヨミ モノガタリ ト ニホンジン ノ ココロ コレクション
書名別名 昔話と現代
シリーズ名 学術 348
岩波現代文庫 348
巻冊次 5
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.2
ページ数 225p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600348-7
NCID BB23088872
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22862178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想