英国ボバース講師会議によるボバース概念

メアリ・リンチ・エラリントン, スー・レイン, リンジ・メドース 編 ; 紀伊克昌 監訳 ; 小野剛, 小室幸芳, 木野本誠, 高橋幸治, 日浦伸祐, 真鍋清則 訳

英国ボバース講師会議(BBTA)メンバーにより執筆された本書は、ボバース概念の理論的基礎と臨床的介入について詳しく説明する、実用的な図解書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ボバース概念の発展と現在の理論的基礎
  • 2 臨床推論の基礎となる機能的運動の理解
  • 3 ボバース概念における評価と臨床推論
  • 4 実践の評価
  • 5 坐位から立位、立位から坐位の運動
  • 6 移動の制御
  • 7 上肢機能の回復
  • 8 リハビリテーション環境に求められるパートナーシップ:ボバース概念の24時間アプローチ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英国ボバース講師会議によるボバース概念
著作者等 Lynch-Ellerington, Mary
Meadows, Linzi
Raine, Sue
小室 幸芳
小野 剛
木野本 誠
紀伊 克昌
Lynch‐Ellerington Mary
メドース リンジ
レイン スー
リンチ・エラリントン メアリ
書名ヨミ エイコク ボバース コウシ カイギ ニ ヨル ボバース ガイネン : シンケイ リハビリテーション ノ リロン ト ジッセン
書名別名 Bobath Concept

神経リハビリテーションの理論と実践
出版元 ガイアブックス
刊行年月 2016.11
版表示 改訂新訳
ページ数 225p
大きさ 24cm
ISBN 978-4-88282-973-7
NCID BB23088205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22809050
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想