「意識高い系」の研究

古谷経衡 著

ノマドワーカー、ハロウィン、愛国女子…。SNSに巣食う彼ら彼女らはなぜ「面倒くさい」のか-著者自らの体験から紡ぎだす、衝撃の現代若者論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 リア充は「意識高い系」の裏側に隠れている(序説 土地とリア充の現代
  • リア充と混同されがちな「意識高い系」
  • 「意識高い系」の定義 ほか)
  • 第2章 「意識高い系」の心理-大義と欲望(「意識高い系」の写す写真
  • 「意識高い系」=「中途階級」の心理
  • 「意識高い系」と「意識の高い人」の差)
  • 第3章 列伝(青木大和・小4偽装サイト事件 挫折した「意識高い系大学生」
  • 靖国コスプレイヤーと愛国女子 愛国に仮託した承認欲求
  • ノマドワーカー わたし渋谷で頑張っているんだ、の空疎 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「意識高い系」の研究
著作者等 古谷 ツネヒラ
古谷 経衡
書名ヨミ イシキ タカイケイ ノ ケンキュウ
シリーズ名 文春新書 1102
出版元 文藝春秋
刊行年月 2017.2
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-661102-7
NCID BB2307985X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22856765
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想