楠木正成・正行

生駒孝臣 著

くつがえされる「悪党」のイメージ。数々の戦術で敵を手玉に取った正成。父の遺志をつぎ、四條畷に散った正行。南朝の忠臣として名を馳せる英雄の戦いがここに!武勲・生涯・人となり-楠木正成・正行の実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 正成の登場と鎌倉幕府の滅亡(謎につつまれていた実像
  • 正成、決起する
  • 楠木合戦に勝利する)
  • 第2部 南北朝時代の幕開け(建武政権下の正成
  • 建武政権崩壊の萌し
  • 湊川に散った勇将の最期)
  • 第3部 楠木正行と南北朝の動乱(南朝の支えとして
  • 四條畷に散る)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 楠木正成・正行
著作者等 生駒 孝臣
書名ヨミ クスノキ マサシゲ マサツラ
書名別名 Kusunoki masashige masatsura
シリーズ名 シリーズ〈実像に迫る〉 006
出版元 戎光祥
刊行年月 2017.2
ページ数 95p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86403-229-2
NCID BB2307454X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22857114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想