ルポ希望の人びと

生井久美子 著

2014年、認知症の本人たちによる初の当事者団体が生まれた。首相と面談して政策を提言。いま、社会や地域、医療・ケアの現場を大きく変えようとしている。本人同士が出会い、つながり、発信する。認知症の常識を変える「当事者の力」!その鮮やかな軌跡と最先端を、23年前「痴呆病棟」で取材を始めた記者が、蓄積された事実から伝える。世界の先頭を走る豪州やカナダの当事者との出会い、日本で初めて語った女性、39歳で診断された男性。IT時代、「記憶はなくても記録が残せる」と工夫を発信する人、自分のなかの認知症に対する偏見に気づき人間観を仲間と問い、「深化」する「希望の人びと」の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「私はアルツハイマーです」語り始めた人たち
  • 「私は私になっていく」クリスティーンとポールを豪州に訪ねて
  • 「私たち抜きには何も始まらない」京都国際会議で各国の本人が訴え
  • 「人生は冒険!」21世紀のヘレン・ケラー、リンをカナダへ訪ねて
  • 「私、バリバリの認知症です」初の当事者・医師・OTトリオ講座
  • 「仲間がふえて素晴らしい人生になった」エポック!初の当事者座談
  • 「自分たちの声で社会を変えたい」初の当事者団体始動
  • 「働き、人をつなぐのも僕の役割」39歳でアルツハイマーに
  • 「認知症をめぐる問題のほとんどは『人災』」望まぬ精神科病院入院
  • 京都式「本人」が政策評価
  • 「自立って"依存先"をふやすこと」当事者の力、問われる私たちの力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルポ希望の人びと
著作者等 生井 久美子
書名ヨミ ルポ キボウ ノ ヒトビト : ココマデ キタ ニンチショウ ノ トウジシャ ハッシン
書名別名 ここまできた認知症の当事者発信

Rupo kibo no hitobito
シリーズ名 朝日選書 955
出版元 朝日新聞
刊行年月 2017.2
ページ数 283,11p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-263055-1
NCID BB23071734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22855057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想