アメリカ帝国の終焉

進藤榮一 著

変貌する国際関係を追跡してきた著者が、アメリカ・デトロイト、インドネシア・ジャカルタ、中国・寧夏、日本・北海道を歩きながら描き出す、グローバリズムを日本が生き抜くための知恵。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 トランプ・ショック以後(二匹の妖怪
  • 二つのグローバル化
  • 二つのアメリカン・ポピュリズム
  • トランプのつくる世界)
  • 第1章 衰退する帝国-情報革命の逆説(デトロイトの冬
  • 解体するアメリカ
  • 過剰拡張する帝国
  • 情報革命の逆説
  • 失われていく覇権)
  • 第2章 テロリズムと新軍産官複合体国家-喪失するヘゲモニー(テロリズムという闇
  • テロリズムとは何か
  • 新軍産官複合体国家へ)
  • 第3章 勃興するアジア-資本主義の終焉を超えて(ジャカルタの夏
  • 勃興するアジア資本主義
  • 太平洋トライアングルからアジア生産通商共同体へ)
  • 終章 同盟の作法-グローバル化を生き抜く知恵(もう一つの中国
  • 空間オーナスから空間ボーナスへ
  • 同盟の作法
  • グローバル化を生き抜く知恵)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ帝国の終焉
著作者等 進藤 栄一
進藤 榮一
書名ヨミ アメリカ テイコク ノ シュウエン : ボッコウ スル アジア ト タキョクカ セカイ
書名別名 勃興するアジアと多極化世界

Amerika teikoku no shuen
シリーズ名 講談社現代新書 2413
出版元 講談社
刊行年月 2017.2
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288413-6
NCID BB23066199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22856271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想