人類と気候の10万年史

中川毅 著

現代とはまるで似ていない気候激変の時代を生き延びてきた人類。福井県の水月湖に堆積する「年縞」。何万年も前の出来事を年輪のように1年刻みで記録し、現在、年代測定の世界標準となっている。その年縞が明らかにしたのが、現代の温暖化を遙かにしのぐ「激変する気候」だった。過去の精密な記録から気候変動のメカニズムに迫り、人類史のスケールで現代を見つめなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 気候の歴史をさかのぼる
  • 第2章 気候変動に法則性はあるのか
  • 第3章 気候学のタイムマシン-縞模様の地層「年縞」
  • 第4章 日本から生まれた世界標準
  • 第5章 15万年前から現代へ-解明された太古の景色
  • 第6章 過去の気候変動を再現する
  • 第7章 激動の気候史を生き抜いた人類

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類と気候の10万年史
著作者等 中川 毅
書名ヨミ ジンルイ ト キコウ ノ ジュウマンネンシ : カコ ニ ナニ ガ オキタ ノカ コレカラ ナニ ガ オコル ノカ
書名別名 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか

Jinrui to kiko no jumannenshi
シリーズ名 ブルーバックス B-2004
出版元 講談社
刊行年月 2017.2
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-502004-3
NCID BB23063408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22857952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想