中東とISの地政学

山内昌之 編著

混乱を極める中東はどこへ向かうのか。IS(イスラーム国)のテロはいつ終わるのか-。内戦あるいは戦争が続くシリア、イラク、リビア、イエメン。テロの脅威に晒されるトルコ。岐路に立つ欧州。トランプ大統領誕生後、先行きの見えぬアメリカ。プーチンとロシアのしたたかな思惑。イラン、イスラエル、サウディアラビアの不穏な関係。グローバルに拡大する難民etc.。中東発の世界危機は深刻化し、がんじがらめの嵌合状態になっている。本書は「明治大学国際総合研究所」の研究を貴重な資料写真を交えて書籍化。多士済々の著者が、地政学の視点から、複雑に変容する国際情勢をあざやかに解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ISをめぐる地政学(ISの地政学的意味
  • ISのイデオロギー
  • 米国:オバマ政権の「対テロ戦争」と「IS」
  • シリア-紛争とイスラーム過激派の台頭)
  • 第2部 拡散するISの脅威(トルコにおける「IS」の活動
  • リビアの地政学リスクとイスラーム過激派の動向-「非統治空間」への着目
  • エジプトにおける急進派の連携と分裂-「ISシナイ州」とアル・カーイダの競合関係の考察
  • 対「イスラーム国」戦の陰で深まるイラクの政治危機)
  • 第3部 中東・中央アジアの経済・ビジネス-日本企業はどう対応すべきか(中東の地政学リスクと国際エネルギー市場
  • サウディアラビアの石油依存脱却に向けた取り組み-油価下落の影響
  • 紛争が常態化する中東での経済活動を考える
  • 一総合商社の活動の歴史から見たイスラーム市場の魅力)
  • 第4部 中東・中央アジアの歴史・宗教・社会(フランスのテロとイスラム過激派の実態
  • モロッコの過激派対策:長期的視点に立った宗教政策の試み
  • シリア難民女性による演劇:癒しの実験とジェンダー規範
  • GCC諸国の高等教育の状況
  • 歴史のなかの中央アジア-ゼンギーアタからの眺望)
  • 鼎談 「中東混迷」を読み解く-トランプ、プーチン、ISと世界変動の構図

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中東とISの地政学
著作者等 山内 昌之
書名ヨミ チュウトウ ト アイエス ノ チセイガク : イスラーム アメリカ ロシア カラ ヨム ニジュウイッセイキ
書名別名 イスラーム、アメリカ、ロシアから読む21世紀
シリーズ名 朝日選書 956
出版元 朝日新聞
刊行年月 2017.2
ページ数 420,9p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-263056-8
NCID BB23059499
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22855051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想