危機と都市

伊藤毅, フェデリコ・スカローニ, 松田法子 編著

[目次]

  • 1 時間‐危機の都市史(危機と都市
  • ローマの都市構造-都市発展要因としての洪水
  • 平安京・京都と危機
  • ミラノと水-古代都市システムの危機)
  • 2 領域‐危機と居住(貞観地震・津波に学ぶ-陸奥国はいかに復興を遂げたか
  • 都市社会と自然災害-中世および近代初期のトスカーナにおける河川氾濫
  • 氾濫原・湿地・砂洲上の集落-16〜19世紀新潟の蒲原平野を中心に)
  • 3 文化‐共存と再生(ナポリ、永遠に再生しつづける都市
  • 11世紀から19世紀における北イタリア平野の河川システムと都市・農村の生活
  • 誕生から19世紀までのパドヴァ水系における危機
  • アジアの水都-災害と信仰・身体性・統治)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 危機と都市
著作者等 Scaroni, Federico
伊藤 毅
松田 法子
スカローニ フェデリコ
書名ヨミ キキ ト トシ : アロング ザ ウォーター アーバン ナチュラル クライシーズ ビトウィーン イタリー アンド ジャパン
書名別名 ALONG THE WATER:Urban natural crises between Italy and Japan
出版元 左右社
刊行年月 2017.1
ページ数 217p
大きさ 19×26cm
ISBN 978-4-86528-158-3
NCID BB23057380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22851744
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
11世紀から19世紀における北イタリア平野の河川システムと都市・農村の生活 フェデリコ・スカローニ, 松井健太
アジアの水都 髙村雅彦
ナポリ、永遠に再生しつづける都市 マッテオ・ベルフィオーレ, 下坂裕美, 松井健太
ミラノと水 エンピオ・マラーラ, 松井健太, 高松めい
ローマの都市構造 クリスティアーノ・リッパ, 松井健太, 高松めい
危機と都市 伊藤 毅
平安京・京都と危機 髙橋康夫
氾濫原・湿地・砂洲上の集落 松田 法子
誕生から19世紀までのパドヴァ水系における危機 ピエトロ・カゼッタ, 松井健太
貞観地震・津波に学ぶ 柳澤和明
都市社会と自然災害 フランチェスコ・サルヴェストリーニ, 下坂裕美, 松井健太
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想