EUとドイツの情報通信法制

寺田麻佑 著

日進月歩の情報通信分野において、国家はどのような規制手法をとるべきか。国家的形態としてのEUとそのセンター的存在であるドイツにおいて、国境を越えた規制枠組み構築はどのように行われたのか。歴史的経緯と規制ネットワーク構築の在り方を解明し、さらに日本への提言を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 EU情報通信法制の研究(序-情報通信の発展とその規制の変化について
  • 欧州レベルの調整機関の設立
  • BERECとEU電気通信市場政策
  • EUにおける機関の分節化
  • EU情報通信法制の展開からみる規制と制度の組換え)
  • 第2部 ドイツ情報通信法制の研究(序-情報通信法におけるEUとドイツ
  • ドイツ情報通信法制の展開と現状
  • ドイツ情報通信法制の特色)
  • 第3部 日本法への示唆-EUとドイツを踏まえて(日本における法制度
  • EUとドイツの法制を踏まえて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 EUとドイツの情報通信法制
著作者等 寺田 麻佑
書名ヨミ イーユー ト ドイツ ノ ジョウホウ ツウシン ホウセイ : ギジュツ ハッテン ニ ソクオウ シタ キセイ ト セイド ノ テンカイ
書名別名 技術発展に即応した規制と制度の展開

Iyu to doitsu no joho tsushin hosei
シリーズ名 KDDI総合研究所叢書 5
出版元 勁草書房
刊行年月 2017.1
ページ数 314p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-40330-1
NCID BB2305559X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22849989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想