日本刀の科学

井上達雄 編著

日本古来の伝統技法で製作されてきた日本刀は、折れず、曲がらず、よく切れるという優れた特性をもっています。これらの特性は、現代の工業技術を先取りしたさまざまなハイテクによるものです。今後の技術開発において日本刀から学べることはたくさんあります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本刀ことはじめ(日本刀の移り変わり
  • 刀の種類 ほか)
  • 第2章 たたら製鉄と日本刀(日本刀の原料となる砂鉄
  • 現代に復活したたたら製鉄 ほか)
  • 第3章 日本刀を作る匠の技(古刀の再現への挑戦
  • 水圧し・選鉱・積沸かし ほか)
  • 第4章 反りと刃文は焼入れによってできる(変態・熱・力学から日本刀を見る
  • 鉄と鋼はどう違うか ほか)
  • 第5章 日本刀の完成(研ぎによって刀に命が宿る
  • 刀の切れ味とは ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本刀の科学
著作者等 井上 達雄
書名ヨミ ニホントウ ノ カガク
書名別名 Nihonto no kagaku
シリーズ名 おもしろサイエンス
B&Tブックス
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2017.1
ページ数 117p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-526-07656-5
NCID BB23031263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22848626
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想