天災と日本人

畑中章宏 著

日本は、災害が多い国である。毎年のように、地震、津波、洪水、噴火、土砂崩れ、雪害等が起こっている。古来、日本人はそのような災害と付き合いながら生活を営み、その「復興」と「予防」の知恵を豊富に有していた。そして、それは各地の風習や伝承、記念碑として受け継がれてきたのである。本書では、日本各地の災害の記憶をたずね、掘り起こし、日本人と天災の関係を探っていく。自然に対する感性が鈍ってしまった現在において、必読の一冊!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 天災と国民性
  • 第1章 水害-治水をめぐる工夫と信仰
  • 第2章 地震と津波-常襲・避難・予知
  • 第3章 噴火・山体崩壊-山の神の鎮め方
  • 第4章 雪害・風害-空から襲い来るもの
  • 終章 災害と文化-「悔恨」を継承するために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天災と日本人
著作者等 畑中 章宏
書名ヨミ テンサイ ト ニホンジン : ジシン コウズイ フンカ ノ ミンゾクガク
書名別名 地震・洪水・噴火の民俗学
シリーズ名 ちくま新書 1237
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.2
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06945-0
NCID BB23011674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22871961
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想