世界遺産熊野古道と紀伊山地の霊場

五十嵐敬喜, 岩槻邦男, 西村幸夫, 松浦晃一郎 編著

紀伊山地には、自然信仰、仏教、修験道を背景に形成された、吉野・大峯、高野山、熊野三山の三つの霊場があり、千年以上にわたって日本人の精神的・文化的発展に重要な役割を果たしてきました。この三霊場とそこへ至る参詣道は、「信仰の山」の伝統を良好に残す比類のない事例として、二〇〇四年に世界遺産に登録されました。以来、国内外から多くの人々が訪れるようになり、二〇一六年には、熊野参詣道の中辺路と大辺路、高野参詣道において追加登録が認められました。本書は、追加登録を記念して、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の歴史と概要、登録までの経緯、海外にも人気の高い熊野古道の魅力と、その景観や自然を守る地元の取り組みなどを紹介します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 紀伊山地の歴史と世界遺産の概要(信仰の山、紀伊山地の歴史
  • 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産)
  • 第2章 座談会-世界遺産熊野古道と紀伊山地の霊場 日本古来の自然観から世界平和へ
  • 第3章 紀伊山地の自然と信仰(紀伊山地の自然と熊野古道
  • 高野参詣の作法
  • 吉野・大峯と熊野三山の結びつき
  • 人はなぜ歩くのか)
  • 第4章 熊野古道を守るために(熊野古道を取り巻く森林-文化的景観と森林管理
  • 世界遺産の保全と地域の取り組み
  • 熊野古道をめぐる議論-「顕著で普遍的な価値」と今後の論点)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界遺産熊野古道と紀伊山地の霊場
著作者等 五十嵐 敬喜
岩槻 邦男
松浦 晃一郎
西村 幸夫
書名ヨミ セカイ イサン クマノ コドウ ト キイ サンチ ノ レイジョウ : カミガミ ガ ヤドル セイチ
書名別名 神々が宿る聖地

Sekai isan kumano kodo to ki sanchi no reijo
出版元 ブックエンド
刊行年月 2016.12
ページ数 174p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-907083-38-0
NCID BB22985938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22914916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想