カンギレムと経験の統一性

グザヴィエ・ロート [著] ; 田中祐理子 訳

カンギレムのエピステモロジーは、承服しがたいものと判断された「現在」と常に格闘し、抵抗する戦闘的エピステモロジーである。カントに源泉をもつ「判断」の哲学から、「生命」そして「医学」を参照する「価値」と「行動」と「選択」の哲学へ。新たな現実を創り出すべく、危険を冒し、行動的に参与する"哲学者カンギレム"の知的道程と、その独創的な"生きているものの哲学"を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「仮面を被って進み出る」-哲学者カンギレム
  • 第1部 判断することと行動すること(一九二六‐一九三四年)-カンギレムと反省的「思考様式」(アラン
  • 反省的分析-ある哲学的「思考様式」
  • "私は考える"
  • 精神対世界
  • 反省的分析の道徳的帰結)
  • 移行のために-"コギト"の消尽
  • 第2部 行動することと判断すること(一九三五‐一九三九年)-行動の火急性が悟性を超え出るということ(判断について
  • 『ファシズムと農民』-マルクス主義と「裁かれた」歴史
  • 超え出られる悟性
  • 必然性の判断に対する行動の還元不可能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カンギレムと経験の統一性
著作者等 Roth, Xavier
田中 祐理子
ロート グザヴィエ
書名ヨミ カンギレム ト ケイケン ノ トウイツセイ : ハンダン スル コト ト コウドウ スル コト センキュウヒャクニジュウロク センキュウヒャクサンジュウキュウネン
書名別名 GEORGES CANGUILHEM ET L'UNITÉ DE L'EXPÉRIENCE

判断することと行動すること1926-1939年

Kangiremu to keiken no toitsusei
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1050
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2017.2
ページ数 404,4p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01050-7
NCID BB22985246
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22857593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想