言語復興の未来と価値

桂木隆夫, ジョン・C・マーハ 編

「言語と平和」=「言語の多様性が平和をもたらす」という考え方に基づくマイノリティ言語復興ネットワークの可能性を、理論的・実践的に展望する。日英バリインガル版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論的考察(多文化共生(グローカリゼーション)とマイノリティ(危機)言語復興
  • 多様性の承認と高等教育-多言語教育のもう一つの社会的役割
  • 消滅危機言語コミュニティから日本の言語教育政策を観る-宮古島の経験から
  • 欧州少数言語における文字の重要性、ケルト諸語の事例から
  • Liberating Babel,Notes on Imperialism,Language and Dystopia
  • Cam's Linguapax Adventure-Helping children learn about languages of the world through an online audio and graphic nobel
  • Language for Peace:Linguapax in Asia)
  • 第2部 事例研究(うちなーぐち(おきなわ語)を歴史認識で復興させる試み-カムリー(ウェールズ)語、カタルーニャ語、ハワイ語復興の源、宗教力に代わる力
  • ネット上のアイヌ・コミュニティにおけるアイヌ語学習
  • Modernist and ecologist approaches to language and identity-the case of the Ryukyu Islands
  • Songs,Language and Culture:Ryukyuan Languages in the Okinawan utasanshin tradition
  • Identification and Practical Situation of Endangered Languages in China
  • Endangered Language Speakers Networking:Thailand's Mahidol Model for Language Revitalization and Maintenance)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語復興の未来と価値
著作者等 Maher, John C.
Maher, John Christopher
桂木 隆夫
マーハ ジョン・C.
書名ヨミ ゲンゴ フッコウ ノ ミライ ト カチ : リロンテキ コウサツ ト ジレイ ケンキュウ
書名別名 Minority Language Revitalization

Minority Language Revitalization : 理論的考察と事例研究

Gengo fukko no mirai to kachi
出版元 三元社
刊行年月 2016.12
ページ数 317p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88303-415-4
NCID BB22982714
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22843821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想