先生、それって「量子」の仕業ですか?

大関真之 著

箱の中の猫は「死んでいて、かつ生きている」??文系でも2時間でわかる、世界一やさしい「量子力学」の講義。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 量子の素顔(そもそも「量子」ってなに?
  • 20世紀で最も美しい実験「二重スリット実験」 ほか)
  • 第2章 量子で考える、宇宙と生命の謎(見えるということ
  • ニュートリノを見る ほか)
  • 第3章 藤子・F・不二雄と量子の世界(ドラえもんと量子の世界
  • 通りぬけフープ ほか)
  • 第4章 未来への挑戦(ムーアの法則の限界が迫る
  • そもそも電気製品はどうやってできているか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 先生、それって「量子」の仕業ですか?
著作者等 大関 真之
書名ヨミ センセイ ソレ ッテ リョウシ ノ シワザ デスカ
書名別名 Sensei sore tte ryoshi no shiwaza desuka
出版元 小学館
刊行年月 2017.2
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-09-388515-7
NCID BB22974283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22850044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想