中井久夫集  1

中井久夫 [著]

われわれの時代に鮮やかなしるしを刻んできた精神科医・中井久夫。半世紀におよぶ思考と実践の道筋を、全11巻に追う。第1巻は「世に棲む患者」ほか初期20編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代社会に生きること
  • 現代における生きがい
  • サラリーマン労働
  • ポーの庭園
  • 数学嫌いだった天才数学者-ラッセルとウィーナーの病跡学
  • 統合失調症者における「焦慮」と「余裕」
  • ウィトゲンシュタインの"治療"
  • 『思春期の精神病理と治療』への序文
  • 思春期患者とその治療者
  • 翻訳の内と外-翻訳家でない翻訳者の覚え書き
  • ある教育の帰結
  • アメリカにおけるサリヴァン追認-サリヴァン・コロキウム(一九七七年)の紹介を中心として
  • 世に棲む患者
  • インドネシアの精神神経学会とボゴール精神病院訪問など
  • 「思春期を考える」ことについて
  • 井村恒郎先生
  • 働く患者-リハビリテーション問題の周辺
  • 病跡学の可能性
  • 保安処分をめぐる感想
  • 精神科医としての神谷美恵子さんについて-「病人の呼び声」から「一人称病跡学」まで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中井久夫集
著作者等 中井 久夫
書名ヨミ ナカイ ヒサオシュウ
書名別名 働く患者 : 1964-1983

Nakai hisaoshu
巻冊次 1
出版元 みすず書房
刊行年月 2017.1
ページ数 323p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-08571-3
NCID BB22971911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22843652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想