欧州航路の文化誌

橋本順光, 鈴木禎宏 編著

明治後期から大正期、そして戦前にかけて発展し、多くの日本人に異文化体験を提供した船の旅=欧州航路は、数百年にわたる西洋の東洋進出を歴史的にさかのぼる旅でもあった。哲学者・和辻哲郎の『風土』を補助線にして、近代日本の海外イメージをあざやかに照らし出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 欧州航路の文学-船の自国化と紀行の自国語化
  • 第1章 欧州航路の起点と原点-横浜と富士山
  • 第2章 シンガポール
  • 第3章 日本人が見た/見なかったペナン-和辻哲郎『故国の妻へ』『風土』を中心に
  • 第4章 インドの代名詞コロンボ-デッキパセンジャーとハシーム商会
  • 第5章 スエズの商人・南部憲一
  • 第6章 日本人のマルセイユ体験-幕末遣欧使節団から和辻哲郎まで
  • 第7章 和辻哲郎『風土』成立の時空と欧州航路-歴史的偶然と地理的必然との交差において

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 欧州航路の文化誌
著作者等 橋本 順光
鈴木 禎宏
書名ヨミ オウシュウ コウロ ノ ブンカシ : キコウチ オ ヨミトク
書名別名 寄港地を読み解く

Oshu koro no bunkashi
出版元 青弓社
刊行年月 2017.1
ページ数 229p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7872-2069-1
NCID BB22958775
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22846047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想