イルカと日本人

中村羊一郎 著

季節を定めて寄り来るイルカの大群を、村をあげて入り江に追い込んで捕獲する-。かつて日本全国で行われていたイルカ追い込み漁の実態と歴史を、現地調査と資料を駆使して初めて体系的に分析し、追い込み漁批判に対して客観的な事実を提示して冷静な議論を求める。まタ、イルカ食を通じて、伝統食のありようにも、鋭く切り込む注目の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 イルカという「魚」
  • 1 イルカ追い込み漁の歴史(古代から近世のイルカ漁
  • 近代のイルカ追い込み漁)
  • 2 イルカと生きる(イルカ追い込み漁と村落社会
  • イルカの民俗)
  • 結 イルカとヒト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イルカと日本人
著作者等 中村 羊一郎
書名ヨミ イルカ ト ニホンジン : オイコミリョウ ノ レキシ ト ミンゾク
書名別名 追い込み漁の歴史と民俗
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2017.2
ページ数 264,8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-08305-8
NCID BB22952881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22843138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想