注釈日本国憲法  2

長谷部恭男 編 ; 川岸令和, 駒村圭吾, 阪口正二郎, 宍戸常寿, 土井真一 著

条文の成り立ちから最近の判例・学説の動向に至るまでを各条に即して注釈。重要判例について独立項目を設けて詳述。本巻は、第1回配本として、国民の権利及び義務に関する日本国憲法第3章の前半を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3章 国民の権利及び義務(国民の要件
  • 基本的人権の享有
  • 自由・権利の保持の責任とその濫用の禁止
  • 個人の尊重・生命、自由及び幸福追求に対する権利・公共の福祉
  • 法の下の平等、貴族の禁止、栄典
  • 公務員選定罷免権、公務員の本質、普通選挙の保障、秘密投票の保障
  • 請願権
  • 国及び公共団体の賠償責任
  • 奴隷的拘束及び苦役からの自由
  • 思想及び良心の自由
  • 信教の自由
  • 集会・結社・表現の自由、通信の秘密
  • 居住・移転及び職業選択の自由、外国移住及び国籍離脱の自由
  • 学問の自由
  • 家族生活における個人の尊厳と両性の平等)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 注釈日本国憲法
著作者等 土井 真一
宍戸 常寿
川岸 令和
長谷部 恭男
阪口 正二郎
駒村 圭吾
書名ヨミ チュウシャク ニホンコク ケンポウ
書名別名 国民の権利及び義務. 1 (§§10~24)

Japanese Constitutional Law Annotated
シリーズ名 有斐閣コンメンタール
巻冊次 2
出版元 有斐閣
刊行年月 2017.1
ページ数 538p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-01797-9
NCID BB22948487
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22851381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
国民の権利及び義務. 1 §§10~24
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想