ベルニーニ

フランコ・モルマンド 著 ; 吾妻靖子 訳

多くの優れた彫刻と建築物を生み出したベルニーニは、ローマが生んだバロック芸術の代表的な巨匠である。ベルニーニについて書かれた本はあるが、ベルニーニそのものにはほとんど関心を払っていない。本書の主要な目的は、「ベルニーニその人」、つまり検閲を経ない、血と肉を備えた人間を描くことではあるが、彼の職業生活における画期的な事件や家族の歴史についてもページを割いている。また、ベルニーニだけでなく、十七世紀のローマ人の生活に、間接的であっても影響を与えた大きな出来事や社会問題、人物についても言及している。教皇ウルバヌス八世が述べた有名な言葉「ベルニーニはローマのために作られ、ローマはベルニーニのために作られた」の通り、ベルニーニの生涯は、彼の愛したローマという都市と密接に関わっていた。したがってこの伝記は、ベルニーニという芸術家の伝記であるばかりでなく、十七世紀のローマの肖像でもある。読者は、その人生が、スキャンダル、陰謀、そしてさまざまな人間関係のドラマに溢れた、常に愛すべきとは言えなくても、実に興味深い人物について多くを知ることができるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序文 初めて英語で書かれたベルニーニの伝記
  • 第1章 ナポリ生まれの神童
  • 第2章 至高のインプレサリオ
  • 第3章 ベルニーニの苦悩と恍惚
  • 第4章 ベルニーニと教皇アレクサンデル七世
  • 第5章 ルイ十四世の宮廷におけるローマの芸術家
  • 第6章 「我が名声は衰えてゆくだろう」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベルニーニ
著作者等 Mormando, Franco
吾妻 靖子
モルマンド フランコ
書名ヨミ ベルニーニ : ソノ ジンセイ ト カレ ノ ローマ
書名別名 BERNINI

その人生と彼のローマ
出版元 一灯舎
刊行年月 2016.12
ページ数 529,57p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-907600-44-0
NCID BB22943439
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22928822
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想