"平和学"としてのスポーツ法入門

辻口信良 著

憲法の新しい人権としての「スポーツ権」を理論的に明確化させ、スポーツがもつ平和創造機能と無限の可能性、法律知識をわかりやすく解説!スポーツ基本法を逐条ごとに平易かつ懇切丁寧に解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 スポーツ法へのお誘い
  • 第1章 スポーツの意義と歴史
  • 第2章 スポーツと法(スポーツにおける法とは何か
  • 憲法とスポーツ
  • 法律とスポーツ
  • スポーツ基本法の逐条解説)
  • 第3章 スポーツ法の現代的課題(スポーツとドーピング
  • スポーツにおける法と弁護士の役割
  • スポーツと平等について
  • スポーツと障がい者
  • スポーツと体罰・暴力行為
  • スポーツ指導者の法的地位
  • スポーツ指導者の義務と責任
  • アメリカのスポーツ法と日本の契約社会
  • スポーツ事故と法律
  • 現代スポーツビジネスとスポーツ法)
  • 第4章 スポーツの平和創造機能(スポーツと国際社会
  • オリンピック運動
  • 大阪オリンピック招致活動
  • 東京・オリンピック・パラリンピック-2020年みんながメダリスト)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 "平和学"としてのスポーツ法入門
著作者等 辻口 信良
書名ヨミ ヘイワガク ト シテ ノ スポーツホウ ニュウモン : ヘイワ オ アイスル ヒト ガ ニセンニジュウネン マデ ニ ヒツドク ノ イッサツ
書名別名 平和を愛する人が2020年までに必読の一冊
出版元 民事法研究会
刊行年月 2017.1
ページ数 335p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86556-130-2
NCID BB22939952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22838148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想