シベリア抑留関係資料集成

富田武, 長勢了治 編

第二次世界大戦終結、そしてシベリア抑留から70年余。旧ソ連が保持していた資料も開示された今、ようやく問題の全貌が明らかになった。関係者・研究者待望の、わが国最初の客観的資料集を公刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日ソ戦争と捕虜の抑留及び移送(ヤルタ密約から日本の降伏調印まで
  • ソ連の捕虜規程及び収容所システム
  • 日本軍将兵のソ連移送と初期収容)
  • 第2部 虜囚生活と「民主運動」(虜囚生活-住居、衣服、食事、衛生、労働
  • 政治教育と「民主運動」
  • 「戦犯」摘発と裁判
  • 諸地域-極東部、シベリア、中央アジア、モンゴル、北朝鮮、南樺太)
  • 第3部 抑留者たちの帰還と冷戦下日本(米ソ協定と送還収容所
  • 無鶴帰還と米ソの工作
  • 政府の引揚施策と帰還者たちの運動
  • 長期抑留者たちとその引揚)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シベリア抑留関係資料集成
著作者等 富田 武
長勢 了治
書名ヨミ シベリア ヨクリュウ カンケイ シリョウ シュウセイ
書名別名 Shiberia yokuryu kankei shiryo shusei
出版元 みすず書房
刊行年月 2017.1
ページ数 865,80p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-08515-7
NCID BB22925211
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22849297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想