夢遊病者たち  1

クリストファー・クラーク [著] ; 小原淳 訳

「それは20世紀最初の災厄であり、あらゆる災厄はここから湧き出した」(フリッツ・スターン)。19世紀末から開戦までを見事に描き、異例の反響を呼んだ、第一次世界大戦研究の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 サライェヴォへの道(セルビアの亡霊たち
  • 特性のない帝国)
  • 第2部 分断された大陸(ヨーロッパの分極化 一八八七〜一九〇七
  • 喧々囂々のヨーロッパ外交)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夢遊病者たち
著作者等 Clark, Christopher M.
小原 淳
Clark Christopher
クラーク クリストファー
書名ヨミ ムユウビョウシャタチ : ダイイチジ セカイ タイセン ワ イカニ シテ ハジマッタカ
書名別名 THE SLEEPWALKERS

第一次世界大戦はいかにして始まったか
巻冊次 1
出版元 みすず書房
刊行年月 2017.1
ページ数 369,50p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-08543-0
NCID BB22905597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22848329
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想