がんで死ぬ県、死なない県

松田智大 著

東京都の乳がん、北海道の肺がん、福岡県の肝がん…あなたの県が「かかりやすいがん」は?青森県や大阪府は、なぜ他県に比べてがんで「亡くなりやすい」のか?国立がん研究センターの調査から、都道府県ごとのがんの特徴に迫り、見えてきた実態と課題を明らかにする。地域の視点からがんを捉えなおす、本邦初の一冊!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 がんにも「地域差」がある(私たちは、なぜがんになるのか
  • がん情報を国が集める意義 ほか)
  • 第1章 がんになる県、ならない県"東日本編"(北海道・東北地方
  • 関東地方 ほか)
  • 第2章 がんになる県、ならない県"西日本編"(近畿地方
  • 中国・山陰地方 ほか)
  • 第3章 死亡率を改善するために(「がん登録」の教訓
  • がんのリスクを見極める ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 がんで死ぬ県、死なない県
著作者等 松田 智大
書名ヨミ ガン デ シヌ ケン シナナイ ケン : ナゼ カクサ ガ ウマレル ノカ
書名別名 なぜ格差が生まれるのか

Gan de shinu ken shinanai ken
シリーズ名 NHK出版新書 507
出版元 NHK
刊行年月 2017.1
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-14-088507-9
NCID BB22901326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22843123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想