超ソロ社会

荒川和久 著

2035年、日本の人口の半分が独身になる!未婚化・非婚化に加え、離婚率の上昇や配偶者の死別による高齢単身者の増加など、確実に進行する日本のソロ社会化。高齢化や少子化ばかりが取り沙汰されているが、このソロ社会化こそ、日本が世界に先駆けて直面する課題だ。「個」の生活意識や消費意識、価値観はどのように変化していくのか-博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクト・リーダーが問う日本の未来。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 増えるソロで生きる人たち
  • 第2章 ソロで生きる人々を許さない社会
  • 第3章 男たちは嫌婚になったのか
  • 第4章 結婚してもソロに戻る人たち
  • 第5章 ソロたちの消費
  • 第6章 ソロ社会の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超ソロ社会
著作者等 荒川 和久
書名ヨミ チョウ ソロ シャカイ : ドクシン タイコク ニホン ノ ショウゲキ
書名別名 「独身大国・日本」の衝撃

Cho soro shakai
シリーズ名 PHP新書 1079
出版元 PHP研究所
刊行年月 2017.1
ページ数 277p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-83276-0
NCID BB22893115
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22844243
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想