八代目市川團十郎

木村涼 著

江戸後期の花形役者として一世風靡するも、32歳で突然の死を遂げた八代目市川團十郎。家の芸を継承しながら独自の個性を積み重ねた舞台姿、成田山との交流を活写。新発見の團十郎一家の手紙を紹介しつつ生涯を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 気高く、粋に、艶やかに
  • 1 花の舞台-堺町・葺屋町・木挽町時代(江戸歌舞伎へ登場
  • 八代目市川團十郎襲名
  • 座頭就任
  • 三度の「勧進帳」
  • 天保改革始まる)
  • 2 成田山新勝寺との縁(成田山との交流
  • 寺社への寄進)
  • 3 花の舞台-猿若町時代(猿若町歌舞伎の幕明け
  • 栄えある孝子表彰
  • 新たな個性の開花
  • 初めての大坂行きと父海老蔵の赦免
  • 新しい役どころに挑む-時次郎・光氏・児雷也・与三郎
  • 甲州亀屋座興行と困惑の中村座
  • 二代目中村富十郎との確執
  • 衝撃の自殺
  • 入り乱れた死の情報)
  • 4 手紙にみる家族の絆(市川團十郎と伊達家との交流
  • 一五通の手紙)
  • エピローグ-江戸時代最後の團十郎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 八代目市川團十郎
著作者等 木村 涼
書名ヨミ ハチダイメ イチカワ ダンジュウロウ : ケダカク サイタ エド ノ ハナ
書名別名 気高く咲いた江戸の花

Hachidaime ichikawa danjuro
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2017.1
ページ数 231p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-08304-1
NCID BB22878381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22837364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想