四季のうた

長谷川櫂 著

「声が通る」とは、作者の声が字面の向こうから聞こえることである。俳句や短歌を読むとき、文字のかなたから聞こえてくるひとすじの声に耳を澄ましてほしい-。当代きっての俳人の解説を導きとして分け入る、詩歌の豊饒な宇宙。読売新聞に連載されたコラム「四季」の二〇一四年四月から一年分を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 四季のうた
著作者等 長谷川 櫂
書名ヨミ シキ ノ ウタ : モジ ノ カナタ ノ コエ
書名別名 文字のかなたの声
シリーズ名 中公文庫 は65-4
出版元 中央公論新社
刊行年月 2016.12
ページ数 201p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-206336-5
NCID BB22876240
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22834098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想