ロシア革命

池田嘉郎 著

史上初の社会主義国家誕生の契機となったロシア革命から一〇〇年。これまで革命の障害のように見なされてきた立憲主義者・自由主義者らの奮闘に光をあて、新たな社会を模索した人びとが当時に賭けていた思いや挫折を臨場感ある筆致で描き出す。あの時潰え、民衆の間に新たに生まれたものは何だったのか。歴史的意義を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一〇〇年前のロシア
  • 第2章 二月革命-街頭が語り始めた
  • 第3章 戦争と革命
  • 第4章 連立政府の挑戦
  • 第5章 連邦制の夢
  • 第6章 ペトログラードの暑い夏
  • 第7章 コルニーロフの陰謀?
  • 第8章 ギロチンの予感
  • 第9章 十月革命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシア革命
著作者等 池田 嘉郎
書名ヨミ ロシア カクメイ : ハキョク ノ ハチカゲツ
書名別名 破局の8か月

Roshia kakumei
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1637
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.1
ページ数 232,4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431637-4
NCID BB22873457
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22852298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想