落語と歩く

田中敦 著

旅の道づれに、落語はいかが?「八っつぁん」「喜ぃやん」になったつもりで落語の舞台を歩いてみると、昔と今が行きかう東京や大阪の姿が見えてくる。落語書籍を渉猟し全国のゆかりの地を訪ね歩いている著者による、落語フィールドウォークのすすめ。地名のもつ文化的重要性に気づかせてもくれる、蘊蓄と愛惜にみちたエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 小石も名所
  • 第1章 ちょこっと落語と歩こう
  • 第2章 ぐぐっと落語と歩こう
  • 第3章 まだ見ぬ落語をたずねて
  • 第4章 三遊亭圓朝と人情噺
  • 第5章 失われゆくもの 残す力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 落語と歩く
著作者等 田中 敦
書名ヨミ ラクゴ ト アルク
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1642
出版元 岩波書店
刊行年月 2017.1
ページ数 211,36p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431642-8
NCID BB22873082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22852301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想