鳥を識る

細川博昭 著

ゆたかな感情をもち、思考し、遊び、道具を使う。ゼロの概念を理解し、計画的な貯食をする…恐竜の子孫・鳥たちの奥深い世界を通して見えてくるものとは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 知性とはなんだろう?
  • 1 鳥の体と進化(恐竜が二足歩行だったから、鳥も二本足で歩く
  • 小さく軽くなって、「恐竜」は「鳥」になった
  • 飛ぶために進化した体
  • 鳥の五感、鳥が感じる世界)
  • 2 鳥の脳と行動、文化(子孫を残すためのコミュニケーション
  • 鳥の価値観、判断能力と「美学」
  • 発達した脳と、想像を超える知性
  • 鳥の心と感情、鳥がもつ思考)
  • 鳥の本質を認めることで、世界は広がるはず

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鳥を識る
著作者等 細川 博昭
書名ヨミ トリ オ シル : ナゼ トリ ト ニンゲン ワ ニテ イル ノカ
書名別名 なぜ鳥と人間は似ているのか

Tori o shiru
出版元 春秋社
刊行年月 2016.12
ページ数 310,4p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-42134-5
NCID BB22870914
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22841671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想