交錯する台湾認識 : 見え隠れする「国家」と「人びと」

陳 來幸;北波 道子;岡野 翔太【編】

日本統治時代を超えて現在まで続く日台の様々なつながり、日本で生活する「華僑」の現状や葛藤などから隣国・台湾を知る。複雑な歴史と民主化・本土化に起因するナショナルアイデンティティのゆらぎ、エスニックグループや出生地、世代などによって変化する価値観やイデオロギー、そしてIT大国として、新しい民主主義国家としての変化など、台湾の過去と現在、そしてこれからの可能性を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 交錯する台湾認識-見え隠れする「国家」と「人びと」
  • 1 「国家」の揺らぎ(現代台湾史の重要人物としての蒋介石
  • 民主化後の政党政治-二〇一六年選挙から展望される可能性
  • すれ違う「国」と「民」-中華民国/台湾の国籍・パスポートをめぐる統制と抵抗
  • 台湾とフィリピン、そして日本-「近さ」と「隔たり」の政治学)
  • 2 台湾の「実像」(一九四〇〜五〇年代の日台経済関係-分離から再統合へ
  • 台湾の経済発展と「開発独裁」-「中華民国」の生き残りをかけた経済開発
  • ノーブランドのIT大国
  • 一九六〇年代台湾文学の日本語翻訳活動について-『今日之中国』における文学翻訳とカルチュラル・ポリティクス
  • 東南アジア系台湾人の誕生-五大エスニックグループ時代の台湾人像)
  • 3 万「華」鏡の「台湾」(在日台湾人と戦後日本における華僑社会の左傾化現象
  • 華僑・台僑をめぐる歴史的位相-台湾「天然独」の抬頭に至るまで
  • 遺骨と祖国とアイデンティティー-一九五〇年代前半の台湾と「中国」をめぐる相剋
  • 台湾人と日本の華人系プロテスタント教会
  • 誰がここで他人の歌を歌っているのか-「日歌台唱」にみる、台湾人の世代交代とその交差点)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 交錯する台湾認識 : 見え隠れする「国家」と「人びと」
著作者等 北波 道子
岡野 翔太
陳 来幸
陳 來幸
書名ヨミ コウサクスルタイワンニンシキ : ミエカクレスルコッカトヒトビト
シリーズ名 アジア遊学
出版元 勉誠出版
刊行年月 2016.12.28
ページ数 265p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-585-22670-3
NCID BB22833281
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想