太平洋戦争期の物資動員計画

山崎志郎 著

戦略資源の安定確保と長期持久戦体制を目指した大東亜共栄圏構想。その経済的実態を、物資動員計画など貴重なデータで丹念に検討し、戦時経済総動員の全体像を描いた力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 経済総動員体制の体系化と大東亜共栄圏
  • 第1章 太平洋戦争初期の経済総動員構想とその実態-1942年度物資動員計画
  • 第2章 共栄圏構想の挫折-1943年度物資動員計画
  • 第3章 太平洋戦争末期の総動員体制-1944年度物資動員計画
  • 第4章 総動員体制の破綻-1945年度物資動員計画
  • 終章 大東亜共栄圏構想の崩壊過程

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太平洋戦争期の物資動員計画
著作者等 山崎 志郎
書名ヨミ タイヘイヨウ センソウキ ノ ブッシ ドウイン ケイカク
書名別名 Taiheiyo sensoki no busshi doin keikaku
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2016.12
ページ数 942p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2433-1
NCID BB22829036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22841826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想