超高齢社会を生きる

日本心理学会 監修 ; 長田久雄, 箱田裕司 編

老いから目をそらすことは、もはやできない。健康長寿を保つためには?閉じこもりやうつ病になったら、家族が認知症になったら、超高齢社会に突入した今、心理学には何ができるのか。第一線の研究者がわかりやすく語る、心理学叢書第8弾!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 心理面から支える高齢者の健康長寿(健康長寿のための身体運動-無理なく続けるために
  • 健康長寿のための食生活支援
  • 百寿者から学ぶ健康長寿とは)
  • 第2部 心理面から支える高齢者の生活の質(高齢者が使いやすいモノづくり
  • 高齢者の閉じこもり-その予防と支援
  • 高齢者のうつ病を防ぐために-本人とまわりの人にできること)
  • 第3部 認知症の人と家族を支える心理学(認知症とはどんな病気か-その症状と介護する家族
  • 認知症の人と家族の心を支える
  • 認知症予防の最前線-生活の質を保つために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超高齢社会を生きる
著作者等 日本心理学会
箱田 裕司
長田 久雄
書名ヨミ チョウコウレイ シャカイ オ イキル : オイ ニ ヨリソウ シンリガク
書名別名 老いに寄り添う心理学

Chokorei shakai o ikiru
シリーズ名 心理学叢書
出版元 誠信書房
刊行年月 2016.12
ページ数 164p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-414-31118-1
NCID BB22811926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22839329
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想