ブロンテ三姉妹の抽斗

デボラ・ラッツ 著 ; 松尾恭子 訳

ものたちの語る声に耳をすませば、ヴィクトリア朝時代の喧騒が聞こえてくる-手のひらにおさまる豆本、道具のつまった裁縫箱、使い込まれた小さな机。シャーロット、エミリー、アン。作家を見守り、励ましたもうひとりの主役の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 小さな本
  • 第2章 ジャゴイモをおむぎ
  • 第3章 歩く
  • 第4章 キーパー、グラスパー、一家と暮らすその他の動物
  • 第5章 儚い手紙
  • 第6章 机の魔法
  • 第7章 死が作った物
  • 第8章 記憶のアルバム
  • 第9章 渡り行く遺物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブロンテ三姉妹の抽斗
著作者等 Lutz, Deborah
松尾 恭子
ラッツ デボラ
書名ヨミ ブロンテ サンシマイ ノ ヒキダシ : モノガタリ オ ツクッタ モノタチ
書名別名 THE BRONTË CABINET

物語を作ったものたち

Buronte sanshimai no hikidashi
出版元 柏書房
刊行年月 2017.1
ページ数 369p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7601-4771-7
NCID BB22795284
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22843343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想