宇宙倫理学入門

稲葉振一郎 著

宇宙開発は公的に行われるべきか、倫理的に許容されるスペース・コロニーとはどのようなものか、自律型宇宙探査ロボットは正当化できるか-宇宙開発のもたらす哲学的倫理的インパクトについて考察する、初の宇宙倫理学入門!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 倫理学・政治哲学と宇宙開発-リベラリズムを中心に
  • 2 「スペース・コロニー」の倫理学
  • 3 宇宙植民に意味はあるか?
  • 4 恒星間航行
  • 5 自律型-人格的ロボット
  • 6 「宇宙SF」の現在
  • 7 リベラリズム再審

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宇宙倫理学入門
著作者等 稲葉 振一郎
書名ヨミ ウチュウ リンリガク ニュウモン : ジンコウ チノウ ワ スペース コロニー ノ ユメ オ ミルカ
書名別名 An Introduction to Space Ethics

An Introduction to Space Ethics : 人工知能はスペース・コロニーの夢を見るか?
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2016.12
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7795-1122-6
NCID BB22793686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22868137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想