日本型ヘイトスピーチとは何か

梁英聖 著

朝鮮高校生襲撃事件やチマチョゴリ事件など、戦後も間断なく続いてきたヘイトクライムは、ついに"ひどすぎる"ヘイトスピーチへと成長した。在日コリアンを"難民化"した"1952年体制"、高度成長期に確立した日本型企業社会の差別構造等も俎上にのせつつ、"民主主義社会"日本が内包してきた"レイシズム/不平等"を可視化する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 戦後日本が初めて経験するレイシズムの危険性を前に
  • 第1章 いま何が起きているのか-日本のヘイトスピーチの現状と特徴
  • 第2章 レイシズムとは何か、差別煽動とは何か-差別を「見える化」するために
  • 第3章 実際に起きた在日コリアンへのレイシズム暴力事例
  • 第4章 欧米先進諸国の反レイシズム政策・規範から日本のズレを可視化する
  • 第5章 なぜヘイトスピーチは頻発しつづけるのか?-三つの原因
  • 第6章 ヘイトスピーチ、レイシズムをなくすために必要なこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本型ヘイトスピーチとは何か
著作者等 梁 英聖
書名ヨミ ニホンガタ ヘイト スピーチ トワ ナニカ : シャカイ オ ハカイ スル レイシズム ノ トウジョウ
書名別名 社会を破壊するレイシズムの登場
出版元 影書房
刊行年月 2016.12
ページ数 314p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87714-468-5
NCID BB22789088
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22836241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想