アレント入門

中山元 著

ユダヤ人として生まれ、生涯を賭してナチス体制に代表される全体主義と対峙した思想家ハンナ・アレント。その思考の源泉を、ナショナリズムや公共性の問題から検証し、『全体主義の起源』、『人間の条件』、『イェルサレムのアイヒマン』などの代表作に跡づける。その思考は、今なお全体主義的な体制を経験している私たち自身の現在を考えるための重要な手掛かりになるに違いない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 インタビュー「何が残った?母語が残った」とアレント
  • 第1章 国民のヒトラー幻想-『全体主義の起源』を読む(ドイツにおける道徳規範の崩壊
  • 国民国家と少数民族の存在-歴史的な側面から
  • 少数民族と難民問題-政治的な側面から
  • 孤独の問題-心理学的な側面から)
  • 第2章 公的な領域の意味と市民-『人間の条件』を読む(人間の活動と公的な領域の意味
  • 社会の誕生
  • 「現われの空間」における活動としての演劇と権力の概念
  • 西洋哲学の伝統と社会)
  • 第3章 悪の凡庸さ-『イェルサレムのアイヒマン』を読む(アイヒマン裁判
  • アイヒマンの罪)
  • 第4章 悪の道徳的な考察(悪の凡庸さと思考の欠如
  • プラトンの『国家』と『ゴルギアス』における正義論の枠組
  • カントの共通感覚の理論と道徳性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アレント入門
著作者等 中山 元
書名ヨミ アレント ニュウモン
シリーズ名 ちくま新書 1229
出版元 筑摩書房
刊行年月 2017.1
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06940-5
NCID BB22777726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22853204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想