知的障害者が長く働き続けることを可能にするソーシャルワーク

上村勇夫 著

知的障害者の一般企業への就職者数は年々伸びてきている。それとともに就労支援の課題が「いかにして就職するか」から「いかにして長く働き続けるか」に変化してきた。本書では、一般就労している知的障害者の就労継続支援に実際に関わってきた著者が、調査やインタビューを通して、どのような支援が有効かを導き出し、支援モデルを提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 知的障害者の就労継続に有効な支援とは何か
  • 第1章 知的障害者の一般就労の現状と生活構造体系
  • 第2章 ソーシャルワーク機能とソーシャルサポート機能
  • 第3章 知的障害者とともに働く特例子会社の一般従業員はどのような支援をしているのか
  • 第4章 知的障害者の支援事例から考える就労継続のポイント
  • 第5章 知的障害者の就労継続に有効な支援モデルを考える
  • 第6章 地域における就労継続支援モデルの実現
  • 終章 ソーシャルワーク機能とソーシャルサポート機能の協働

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知的障害者が長く働き続けることを可能にするソーシャルワーク
著作者等 上村 勇夫
書名ヨミ チテキ ショウガイシャ ガ ナガク ハタラキツズケル コト オ カノウ ニ スル ソーシャル ワーク : ショクバ ノ ソーシャル サポート キノウ オ ジュウシ シタ シュウロウ セイカツ シエン
書名別名 職場のソーシャルサポート機能を重視した就労・生活支援
シリーズ名 MINERVA社会福祉叢書 52
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2016.12
ページ数 224p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07803-5
NCID BB22743509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22837560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想