コミュニケーションの哲学入門

柏端達也 著

私たちは日々、コミュニケーションをしながら生きている。では、コミュニケーションとは何なのだろうか?そこに言語は必要なのだろうか?ポール・グライスやドナルド・デイヴィドソンの言語哲学を援用し、コミュニケーションという複雑な営みをわかりやすく理論化する、ユーモアと刺激あふれる哲学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 何がコミュニケーションに含まれるのか
  • 第2章 言語はそれほど必要ないかもしれない
  • 第3章 「意味」といわゆるメタメッセージ
  • 第4章 言語の居場所はどこにあるのだろうか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コミュニケーションの哲学入門
著作者等 柏端 達也
書名ヨミ コミュニケーション ノ テツガク ニュウモン
書名別名 Komyunikeshon no tetsugaku nyumon
シリーズ名 慶應義塾大学三田哲学会叢書
出版元 慶應義塾大学三田哲学会 : 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2016.12
ページ数 105p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7664-2392-1
NCID BB22726292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22837369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想