都市祭礼文化の継承と変容を考える

山田浩之 編著

現代の都市祭礼がもつ価値とは。共同体の構造が変容する中でも継承され、新たな「つながり」の資本となった要因を考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 都市・祭礼・文化
  • 第1部 都市祭礼への社会科学的アプローチ(都市祭礼と文化経済学
  • 都市祭礼とソーシャル・キャピタル)
  • 第2部 都市祭礼にみる文化資本とソーシャル・キャピタル(新しい共同性を構築する場としての祭り-祇園祭にみる祭縁の実態
  • 文化資本と観光資源の相互補完-飛騨高山祭が生み出す風情と人々の絆
  • けんか祭りから都市祭礼へ-岸和田だんじり祭の変容にみる文化資本とソーシャル・キャピタル
  • 芸術表現活動による経験の共有-「弘前ねぷたまつり」にみる文化資本の形成過程
  • 歴史文化観光都市の演出-時代祭の創造と展開)
  • 座談会・都市祭礼文化の継承と発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市祭礼文化の継承と変容を考える
著作者等 山田 浩之
書名ヨミ トシ サイレイ ブンカ ノ ケイショウ ト ヘンヨウ オ カンガエル : ソーシャル キャピタル ト ブンカ シホン
書名別名 ソーシャル・キャピタルと文化資本
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2016.12
ページ数 263p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07742-7
NCID BB22721142
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22831226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想