乱流

P.A.DAVIDSON 著 ; 益田重明 訳

乱流はどこからくるのか。乱流の普遍的性質とは何か。それはどこまで決定論的なのか。そもそも普遍的な乱流理論なるものは存在し得るのか。管内乱流から地球物理、宇宙物理にまでまたがる幅広い話題を取り上げ、最新情報を交えて一貫した視点からこれらの疑問に答える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 乱流の古典的描像(乱流の遍在性
  • 流体力学の方程式
  • 乱流の起源と性質
  • せん断乱流と簡単な完結モデル
  • テイラー・リチャードソン・コルモゴロフの現象論)
  • 第2部 自由減衰一様乱流(等方性乱流-物理空間
  • 数値シミュレーションの役割
  • 等方性乱流-スペクトル空間)
  • 第3部 トピックス(乱れに及ぼす回転、成層および磁場の影響
  • 二次元乱流)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乱流
著作者等 Davidson, Peter Alan
益田 重明
Davidson P.A.
書名ヨミ ランリュウ
書名別名 Turbulence
出版元 森北
刊行年月 2016.12
版表示 第2版
ページ数 718p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-627-67452-3
NCID BB22720751
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22833990
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想